カフェでドラマではよくある一大事に遭遇しました。

近頃、カフェでコーヒーを飲んでいたら、ウェイトレスのお嬢さんが転んで、お盆の上にのせていたコーヒーをぶちまけてしまいました。しかも運が悪いことに、サラリーマンの中年が肩の上に。いやあ、驚きましたね。ドラマやお笑いの中ではよくあることでも、実社会の中では、めったに遭遇しない事態だ。これはドラマのワンステージかと思いました。おっちょこちょいのキャラクターが、非常勤未来で大非という事態。コーヒーをかけられたサラリーマンは、謝り積み重ねるウェイトレスを前にして、怒りたいけど、怒れないという微妙な見解。ほぼ、わざわざじゃないのですから、いじけることはできないですよね。店主の輩が直ちにやってきて、お詫び、そして交渉。洗浄金として金銭で弁償するか、汚れた衣料を実に洗浄に出してきれいにして引き戻すか、どちらがいいかをカスタマーに決めて味わうのです。サラリーマンの輩は洗浄に現す皆様を選びました。ああそういったふうに解決するのですね。ドラマではここまでは描かれないので、感心してしまいました。キレイモ 9500