里で有名な整形外科がまさかの死亡災いを

私の故郷では評判の整形外科が絶命大難を起こしていたことが明らかになりました。
腰部脊柱管狭窄症をオペレーションして治そうとしたところ、大腸を傷つけてしまい、その創傷が誘因となった絶命大難のようです。
フェア、故郷であの病舎に任せれば無事と言うほど評判の病舎だったので、よもやそういった大難を起こしているとは思いませんでした。
半人前考えですが、こういう絶命大難の原因は目新しいオペレーション産物にあったように感じます。
一大事を起こした整形外科は脇腹にちっちゃな罠を開けて、そこからアタッチメントを入れてケアをやるオペレーション産物を採用していました。
こういうオペレーション産物は傷跡が狭いことと、人体への担当が数少ないことが強みとされています。
しかし、こういうオペレーション産物が導入されたのは目下であり、しかも高度なテクノロジーが要求される結果、実践できる先生が安いことは間違いありません。
およそ、今回の絶命大難も原因は医者の力不足による要素が大きいのではないでしょうか?
当然、先生もゴッドではないので過ちを犯すこともあります。
ですが、人の命を預かる営業である以上、オペレーション産物よりも病人の安泰に気を配ってほしいと思います。ミュゼ ひげ